Square(スクエア)

アメリカ版SquareはApple Pay対応の「Square Reader for contactless and chip」と「Square Terminal」が存在!日本でも欲しい

こんにちは。Squareをはじめ、AirPAY・楽天ペイさらにはCoiney(コイニー)を使い分けることで利益を最大限にあげることに執着している、個人事業主ながらも自称「カードペイマスター」の中村です。

Squareとはアメリカに本社を置く企業です。現在Squareの日本法人では、イヤホンジャックからスマートフォンに接続した決済方法のカードリーダーが主流です。というかそれしかないです。

Squareカードリーダー挿入イメージ

こんな感じで接続します。iPhone5S以降はイヤフォンジャックがなくなったので、別途変換アダプタを使って接続する必要があります。

しかしSquare本社があるアメリカではこのカードリーダーの進化版である「Square Reader for contactless and chip」と「Square Terminal」というものが発売されてるのです。

名前が長いので前者を「Squareコンタクトレス」後者を「Squareターミナル」と便宜上ここでは呼びます。

Square Reader for contactless and chip(スクエアコンタクトレス)はSuicaで改札を通るように決済可能

Square contactless

上の画像の左下にある正方形の白い端末が「Square Reader for contactless and chip」(ここでいうSquareコンタクトレス)です。

スマホをこのカードリーダーにタッチするだけで決済が可能なシステムです。コンビニなどでSuicaをはじめとする交通系の電子マネーは現在、このタイプが普及してます。

この決済方法はiPhoneなどのデバイスを必要としないので、かなり楽です。もちろんサインレスです。これが日本で導入されたら即買います!

Square Terminal(スクエアターミナル)はかなりの高機能

Square terminal

アメリカでは2018年10月にSquare Terminalという端末が販売されました。この端末は今私のお店で使用しているSquareカードリーダーと比較するとかなりの高機能です。以下の動画をご覧ください。英語ですが言葉がわからなくても、Square Terminalの機能が一目瞭然です。

Squareコンタクトレス同様、スマホはタッチで決済できます。さらにはレシートまで発行可能です。レシートでなくSMSでもレシート送付可能なので、決済時にレシートの不必要を聞けばペーパーレスに繋がります。

レシートって捨てる人多いし、多少高額な決済でもメールで決済内容が送られてくれば、大方のお客さまは安心します。私の経験上ペーパーレスはゴミを増やさないエコな活動なので、理解されやすいです。

日本での発売は未定(2019年2月現在)

これだけの高機能を持ったSquare Terminalですが、今現在日本での発売は未定です。一方で「今年中には日本でも発売されるのでは?」という噂もあります。どこまで信憑性が高いかはわかりませんが、今現在2020年東京オリンピックに向けて政府がキャッシュレス化を進めているのは事実です。

米の企業であるSquareはその市場を狙わない手はないと思います。夏までには販売されるのではないかと私は予想してます。

日本はキャッシュレス戦争に突入

現在クレジットカード決済だけでなく、QR決済など様々な決済方法が導入されてます。先に交通系のカードがキャッシュレス決済をはじめました。Suicaがそうですね。

その後Apple PayなどFeliCaという技術を使ってスマホで決済することが可能になったことにより、スマホで駅の改札を通る姿は今では普通になってます。

さらにはここ2年くらいで新たなQR決済が乱立といっていいほど出現してます。

PayPayが昨年末に100億円キャンペーンを大々的に開催し、世間の話題になったのは記憶に新しいです。さらに第2弾も今月中旬から始まってます。

paypayキャンペーン第2弾画像

LINEPayも負けじとキャンペーンをこまめに行ってます。

LINEPayキャンペーン画像

LINEは他にもLINEデリマという、出前サービスを通してピザーラやドミノピザ、銀のさら、ガスト宅配など注文することができ、初回利用で50%還元キャンペーンなど行っていたりすすのです。

ちなみに私は77%還元キャンペーンなど、いろいろなキャンペーンを利用していたら3,000円以上もLINE Payの残高として戻ってきました。

J-Coin Payが3月に登場

J-Coin Pay画像

最近、みずほ銀行が主体となって2019年3月よりサービスをスタートするJ-Coin Payという新たなサービスが発表されました。現在地方銀行も含め、60ものの銀行が対応するようです。

どのようなサービスかというと自分の銀行の残高から、スマホの専用アプリを使ってチャージし、対応店舗でキャッシュレス決済を行うというサービスです。クレジットカードは紐づかないので、使いすぎることがなく、日本人には適したサービスかもしれません。

また一度スマホにチャージした金額は、再び銀行口座に戻すことも可能です。さらには個人間の送金もできるので、振込でいちいちATMに並ぶ必要がなくなります。もちろん対応している銀行のみになります。

メガバンクはみずほ銀行のみ

一方このサービスが使えるメガバンクはみずほ銀行のみとなってしまいます。三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行などは現在未対応です。

メガバンク全部が対応となればかなり便利なサービスになると思います。今後に期待です。

まとめ

Square Reader for contactless and chipとSquare Terminalはどちらかでも日本で発売される可能性は高いと思います。おそらく2019年上半期ではないかと推測されます。

日本では現在キャッシュレス戦争が行われています。クレジットカードリーダー、ターミナル端末、QRなどさまざまな手法を用いた決済方法が乱立状態です。

その中でも自分の商売にあった決済方法をきちんと見極め、サービスを選んでいくべきでしょう。

Squareトップ画像
Squareの評判や審査の時間や基準ってどう?実際に申し込んで個人事業主でもカード決済が可能になった!こんにちは。従業員3名の個人事業を営む中村です。私の事業は寝具関係の小売の他、布団打ち直しサービスやクリーニングも行ってます。私の店舗の...

私もいくつかサービスを利用してますが、その中でも今回紹介したSquare Terminalという端末を日本でも導入するであろう、「Square」の決済サービスは最初に導入するカードリーダーも実質無料キャンペーンで無料で手に入るので、おすすめです。

これをはじめに導入し、Square Terminalの販売を待つというのもありではないかと思います。

Squareに申し込む




ご相談はこちらから

「クレジットカード決済やQRコード決済を導入したいけど、どうすれば良いのかわからない・・・・・」

「インターネットの情報を漁っていたら、どれが本当なのかわからなくなってきた・・・・・」

そのような悩みがあれば、ぜひ私にご相談ください!ご希望があれば、こちらから無料で電話もさせていただきます。

 

  • お問い合わせ内容によっては、返信できない場合、返信が遅れる場合があります。
  • 当サイトは、リクルート、楽天、Yahoo!が提供しているカード決済、QR決済をご紹介しております。弊社は直接サービスを提供しておりませんのでご了承ください。
  • ご回答の内容は、正確性、安全性その他を保障するものではございません。




チェックをつけて送信