AirPAY

個人店事業主が配達・出前・運転代行などにキャッシュレス決済を簡単に導入する3つ方法とは?

こんにちは。従業員3名の個人商店(配達・出張サービス含む)を運営する中村です。2020年の東京オリンピックが開催されるのはあなたもご存知の通りです。

そしてそれに対しあなたは日本政府がキャッシュレス決済を強烈にプッシュしていることを知ってるでしょうか。

読売新聞キャッシュレス記事もしあなたが個人事業主で、配達や出前・出張サービスが中心となる業態ならば、キャッシュレス決済などできないと思ってるかもしれません。

でも大丈夫。私のような従業員3名のかろうじて黒字の弱小起業でも、キャッシュレス決済は全然可能なんです!その中でも簡単に導入できる3つの方法をあなたに紹介します。

①まずは即審査通過可能なSquare(スクエア)に申請しよう!

Squareは10分で審査が通過した!!?

Squareトップ画像

一番最初に数ある決済システムの中で、私があなたに最もおすすめしたいのは、Square(スクエア)というクレジットカード決済のシステムです。なぜ1番におすすめするかというと

審査がすぐ完了するからです。

あまりにも簡単に審査が通ってしまい若干唖然としてしまいました。具体的に言うと、審査に申し込んで10分後には審査通過のメールが来ました!

これにはSquareの、大小問わず、多くの企業・業種にクレジットカード決済を手軽に導入してほしいという強い意志を感じます。

あなた
あなた
でもそんなに簡単に審査が通過するSquare(スクエア)というシステムって大丈夫?

なんてことをあなたは思ってませんか?少しここでSquareというシステムを立ち上げた会社を紹介します。SquareはあのTwitterを創業したジャック・ドーシー氏が立ち上げた会社です。会社名もSquareです。

ツイッターロゴ私も初めはSquareという会社の名前を見た時不安を感じましたが、Twitterの創業者と知ったときは安心しました。

ちなみに私もSquareは導入しており、じゃんじゃんキャッシュレス決済してます!

Squareトップ画像
Squareの評判や審査の時間や基準ってどう?実際に申し込んで個人事業主でもカード決済が可能になった!こんにちは。従業員3名の個人事業を営む中村です。私の事業は寝具関係の小売の他、布団打ち直しサービスやクリーニングも行ってます。私の店舗の...

Square(スクエア)への申し込みはこちらから



Squareは店舗を構えてなくても審査が通る

あなたにSquareをおすすめしたいもう一つの理由は

店舗を構えてなくても審査が通る

ということです。例えば個人タクシー、電気工事サービス(設置・修理)、水道工事、左官工事、家庭教師、運転代行、移動販売など店舗として一箇所に構えてなくてもほぼほぼ審査が通っているようです(全ての業種が審査通過するかは保証できませんが夜の商売、キャバクラ程度のお店ならば審査が通ると聞いたことがあります)。

例えば運転代行業種の方から見れば、基本的に酔っ払い相手の商売なので、代金の回収に困ることも少なくないのではないでしょうか?お客さまがなかなか小銭を出せなかったりなど思い当たることがありませんか?

運転代行業種の方がクレジットカード決済が可能ならば現金より楽ですよね。もちろん運転代行だけでなく、代金が少し高額になりがちな電気工事、家電修理、住居関連修理などの業者の方にもSquareの導入をおすすめしたいです。

Squareは初期費用0円で導入可能

square実質無料キャンペーン

Sauareは実質0円であなたのお店に導入できます。初期費用と言えば、審査通過後にクレジットカード決済に必要なカードリーダーを購入する費用です。しかし現在(2018年14月)カードリーダー代金がキャッシュバックするキャンペーン中です。

この制度を利用すればあなたは実質0円でキャッシュレス決済を導入できます。

ちなみにSquareのクレジットカード決済カードリーダーの価格はたったの7,980円です。月額費用も全くかかりません。実際導入している私は月額費用は全くかかってません。

カードリーダーキャッシュバックはたった1回の決済でOK

Square(スクエア)おすすめする理由のもう一つとして、カードリーダーキャッシュバックの条件が厳しくありません。

Suareのカードリーダーが届いたらまずテスト決済をしてください。金額は万一間違ってもいいように100円程度にしてください。

しかもSquareの管理画面からこのテスト決済を取り消しできるので、あなたの負担は0円です。

Square管理画面テストしてきちんと決済ができることを確認したら、実際に運営してみましょう。たった1回決済すればカードリーダー代金7,980円キャッシュバックされます。

とにかく簡単に0円でキャッシュレス決済があなたのビジネスにも導入できるし、月額費用も0円なので、導入しない理由が見当たらないほどです。

こんなこと言ってしまったらSquareさんに怒られるかもしれませんが、無料で導入し実際使ってみて使いにくいなどの不満をもったら使わなければいいだけの話です。使わなくても違約金などの発生は一切ありません。

Squareトップ画像
Squareの評判や審査の時間や基準ってどう?実際に申し込んで個人事業主でもカード決済が可能になった!こんにちは。従業員3名の個人事業を営む中村です。私の事業は寝具関係の小売の他、布団打ち直しサービスやクリーニングも行ってます。私の店舗の...

Square(スクエア)への申し込みはこちらから



②AirPAYに申請しよう!

AirPAYキャンペーン画像

Squareだけでも十分クレジットカード決済ができるので問題ないですが、もう一つ導入したい決済サービスを紹介します。

それがAirPAY(エアペイ)というリクルートが運営するモバイル決済サービスです。無料で導入できるのと、審査が通過したらなんとカードリーダーも無料(期間限定)でもらえるので、持ち出し金もなく本当に0円で導入できるのが魅力的です。

AirPAYキャンペーン画像
AirPAY(エアペイ)0円スタートキャンペーンは本当に0円?開店前でも審査通過可能かを解説します! こんにちは。従業員3名の個人経営の店舗を運営する中村です。今現在、日本の政府がキャッシュレス化を推進していることをあなたはご存知...

AirPAYへの申し込みはこちらから


SquareになくてAirPAYにあるもの

SquareもAirPAYも同じクレジットカード決済システムです。しかしSquareにはできない機能がAirPAYにはあります。

それは電子マネー決済とQRコード決済です。

(Squareは新型カードリーダーは電子マネー対応予定)

電子マネー決済イメージ

電子マネーはSUICAやPASMOなどが有名であなたも持っているかもしれません。電子マネーはスマホのアプリとして使用可能なってきているので、いちいち財布からカードを出す手間が省けるので、今後ますます伸びていくんじゃないかと思います。

特にイベントなどにおいて出店してる飲食ブースや屋台など、行列ができるような業種は、回転率を上げるためには電子マネーも含めたキャッシュレス決済は必要だと思います。

行列イメージ

また今はまだそれほど普及はしてないと思うのですが、QRコード決済も伸びてくると思います。先ほども伝えたとおり、日本政府がキャッシュレスを推進してるからです。

AirPAY QRはALIPAY WeChat Pay LINE Pay d払いに対応

AirPayアプリ画像2

AirPAY QRは中国のALIPAYやWeChat Pay、さらにはLINE Payとd払いに対応しているサービスです。つまりAirPAY独自のQR決済は持ってなく、お客さまが持っているアプリの中から選ぶことができるのが大きな特徴です。

特にALIPAYやWeChat Payは、中国人観光客が多い地域ならばこの決済方法はかなり需要が高いことでしょう。

同じ商品を売っていても、ALIPAYやWeChat Payで支払うことが可能な店舗が選ばれる可能性は高いと思います。

d払い・LINE Payユーザーのポイントが貯まる

d払いイメージd払いやLINE Payユーザーならばポイントを貯めるために、それぞれのアプリを使用してQR決済したいことだと思います。

AirPAY QRならばこの二つのユーザーの需要を取り込むことができます。これができるのは現在AirPAYのみです。

さらには2018年12月現在d払いはキャンペーンを行なっております。このようなキャンペーン中は当然d払いする人は増えます。

あなたのお店もAirPAYを導入してd払いできるような環境ならば、ライバル店と同じ商品をほぼ変わらない価格で販売しているならば、あなたのお店が選ばれる可能性がより高くなると思います。

AirPAYの審査が通っていればAirPAY QRの審査も通りやすい

あなたがAirPAYに審査が通っていれば、比較的AirPAY QRも審査が通りやすいようです。AirPAYで実績を残していれば信頼を得られると思います。

さらに審査も月額費用も無料です!!

無料だったら申し込んでも全く損はないのでぜひおすすめしたいです。ちなみにSquareとAirPAYの2台持ち・使い分けしている店舗は結構多いようです。

AirPAYへの申し込みはこちらから


③今話題のPayPay(ペイペイ)に申請しておいて損はない

PayPayキャンペーンロゴ

そして申請しておいて損はないのが、今話題のPayPay(ペイペイ)です。PayPayとはSoftBankとヤフーが出資した会社で、QRコードでキャッシュレス決済を行う方法です。

100億円キャンペーンで利用者激増!

PayPayは2018年12月4日からPayPayで決済したお客さま全員に20%のポイントバックするという、誰もが驚くキャンペーンをはじめました。

このキャンペーンはものすごい大反響となり、 PayPayのアプリをダウンロードする人が後を絶ちません。

あなたもこのいい波に乗るためにはPayPayに申請すべきだと思います。

追記:2018年12月13日の報道で100億円キャンペーンは間も無く終了との報道がありました。

PayPayには審査に時間がかかる

PayPayは現在キャンペーン中なので審査に時間がかかっているようです。ここは根気よく待つしかないでしょう。

わからない事項を電話で問い合わせても全く繋がらないようです。いい波は間違いなく目の前を流れているのですが、みんな波に乗ろうとしてるのでなかなか現在は乗れない状況のようです。

PayPayに申し込はこちらから

PAYPAY申し込み画面
新しいモバイル決済PayPayに個人事業主として登録|審査期間と評判を徹底比較!こんにちは。従業員3名の弱小店舗を運営する個人事業主の中村です。今回はスマホ(モバイル)決済サービスではおそらく新しい方のPayPayと...

個人事業主ならば決済の選択肢を複数持っておくことがベター

今まで伝えてきた通り、もしあなたが個人経営の店舗・サービスの事業主ならば、決済の選択肢は複数持っておくことをおすすめします。

クレジットカード決済でポイントを貯めたいという人もいれば、カードを出すのが面倒だからスマホで済ませたいという人も少なくないはずです。

もちろんあなたの商売がどんな客層か、どのくらいの客単価なのかなどによって決済方法も変わってくると思うので、なおさら多くの選択肢を持っていたほうがより顧客の需要を満たすことができるのではないでしょうか。

私は弱小店舗にもかかわらず、Square、AirPAY、そして楽天ペイも導入してます。さらには2018年10月にサービスが始まったPayPayにも登録しました。

PayPayも

網は広く張っていた方がかかる確率が高くなるのは当然のことです。Square、AirPAYに申請し、無事審査通過したことであなたのビジネスに拍車がかかれば、私もとても嬉しいですね。

Square(スクエア)への申し込みはこちらか



AirPAYへの申し込みはこちらから


ご相談はこちらから

「クレジットカード決済やQRコード決済を導入したいけど、どうすれば良いのかわからない・・・・・」

「インターネットの情報を漁っていたら、どれが本当なのかわからなくなってきた・・・・・」

そのような悩みがあれば、ぜひ私にご相談ください!ご希望があれば、こちらから無料で電話もさせていただきます。

 

  • お問い合わせ内容によっては、返信できない場合、返信が遅れる場合があります。
  • 当サイトは、リクルート、楽天、Yahoo!が提供しているカード決済、QR決済をご紹介しております。弊社は直接サービスを提供しておりませんのでご了承ください。
  • ご回答の内容は、正確性、安全性その他を保障するものではございません。




チェックをつけて送信