Square(スクエア)

Square審査落ちとアカウント停止の原因と対策を徹底解説!!

こんにちは。Square、AirPAY、楽天ペイと3つのクレジットカードリーダーを使い分けることで、自分のビジネスの利益を効率的に上げている中村です。

私は現在3つのクレジットカード決済サービスを導入していますが、その中でも最も審査が早くかつ通りやすいのはSquareです。申し込んだ直後に審査通過のメールが届きます。

おそらく半自動的なのではないかと思ってます。そんなSquareでも審査に落ちることも稀にあるようです。

また一度審査が通ったにもかかわらず、後日Squareのアカウントが停止になってしまったという事例が実際あります。

今回はその審査落ちとアカウント停止の原因と対策について書きたいと思います。

審査落ちの原因は禁止されている商品の取扱い

禁止イメージ

冒頭でも伝えたとおり、Squareは審査が通りやすいサービスです。にもかかわらず落ちてしまう理由は、Squareが禁止ている商材をあなたが扱っている場合と考えられます。

まず法律で禁じられているものはもちろん禁止です。銃刀法・麻薬取締法に違反するような商材です。まあ常識的に考えればわかりますよね。

その他禁止されている商材をSquareの規約から抜粋します。

ギフトカード、商品券、バウチャー、クーポン、通貨、旅行チケット、割引チケット、収入印紙、切手、定期券、プリペイドカード、回数券その他の有価証券等、換金性の高い商品および当社が別途指定した商品・サービス等

要は金券ショップなどで扱う商品や有価証券はダメですね。もしあなたが金券ショップを運営しているならば何か別の他の商材を導入するれば、Squareの審査が通るかもしれません。

風俗店は審査が通らない?

風俗店は審査が通らないと思いがちですが、現在キャッシュレス化の波が来ているので、容認されていることも多いようです。実際クレジットカード決済ができる風俗店が増えているようです。


しかし実際Squareが風俗店からの審査を通しているかはわかりません。しかし規約には「風俗店禁止」という項目はないので、審査を通している可能性もあります。

なのでキャバクラやスナック・パブなどは審査が通るのではないでしょうか。法に触れるようなことをしていなければ、審査は通る可能性はあると思います。

Squareの審査に落ちたらCoineyへ登録してみよう!

JCBの審査通過は厳しい

JCBロゴSquareは審査が早いことは冒頭でも伝えました。しかしJCBに関してはSquareではすぐには使えません。JCB独自の審査があるようです。ちなみにSquareの規約において「JCBの禁止商材」として以下のように定められてました。

第2章(禁止商材)

加盟店は、下記の商品等、販売方法に関してカード取扱いの対象としないものとする。

(1) 金券類 (2) 脱毛・痩身・豊胸 (3) 医療機関以外のアートメイク・近視矯正・ピアス穴あけ (4) 霊感商法(占い等) (5) 育毛・発毛サービス (6) 審美歯科(ホワイトニング)

これらの商材のみで営業しているお店は審査を通すのは厳しいでしょう。

Squareの審査に落ちたらCoineyへ登録してみよう!

アカウント停止の原因は?

アカウント停止イメージ

突然Squareからアカウント停止をくらったという人もいるようです。その原因について以下の二つが大きな原因ではないかと思います。

  1. 自分のクレジットカードを使って決済した
  2. Squareに登録した情報と実際のあなたのビジネスに大きな違いがあった

以上が原因かと思います。詳細を述べていきます。

自分のクレジットカードを使って決済した

サイン画面

自分自身のクレジットカードを使用して決済するのは「不正売上」と見なされるので注意してください。

あなた
あなた
別に自分のクレカ使っても手数料がSquareに行くからいいんじゃね?

なんて思うかもしれませんが、自分のクレジットカードを使っの決済はさまざまな不正ができてしまう可能性があるのです。ここでは言いませんが。

というわけで自分のクレジットカードを使っての決済はやめましょう。

テスト決済は大丈夫

Squareでは導入時にテスト決済をするよう指示があります。なのでテスト決済に関しては自分のクレジットカードを使って決済して大丈夫なので安心してください。

テスト決済後に取り消し操作ができるので、取り消しするのを忘れないでください。またテスト決済は100円程度の決済で大丈夫です。万一取り消しを忘れても100円程度ならばあなたもさほど痛くはないでしょうし、アカウント停止になる心配もありません。

Squareに登録した情報と実際のあなたのビジネスに大きな違いがあった

細かい業種

Squareでは登録する際にあなたのビジネス内容のカテゴリーの詳細を申告しなければなりません。この時に入力した内容と、実際のあなたのビジネスに大きな隔たりがあったとしたならば、虚偽の申告と見なされアカウント停止の対象になるかもしれません。

なので女性がつきっきりで接客する飲食店(いわゆるスナックやキャバクラ)で申請したにも関わらず、風俗店的サービスがあったならば危険なので注意してください。

アカウント停止を防ぐ対策

アカウント停止を防ぐためには、とにかく禁止商材には手を出さないことは当然ですが、実際禁止商材との微妙なグレーゾーンならば、言葉を言い換えることで審査が通る可能性があります。

例えばスピリチュアル系のセミナーや個人相談・コーチングなどの代金回収は微妙な感じです。霊感商法と捉えられる可能性があります(実際は全然違うものだと私は思ってますが)。

しかしこの場合「スピリチュアル」という言葉を使わない方がよいということです。セミナー・コンサル業として申請するならばなんの問題もないと思います。

Squareの審査に落ちた・アカウント停止をくらった方におすすめのサービスはCoiney(コイニー)

しかし万が一、Squareへ上に示したようなことで申請し、落ちたとしても別のサービスを利用する方法があります。それがCoiney(コイニー)というクレジットカード決済サービスです。

coiny画像

CoineyはSquare同様審査が通りやすい

Coineyをあなたにおすすめする理由は、Squareなみに審査が通りやすいからです。実際私もつい最近(2019年2月15日22時過ぎ)にオンラインで申し込みました。

coiny申請画像

申し込んだのが金曜日の夜なので、土日をはさんで早くても1週間後かと思っていたところわずか4日後に一次審査の通過のメールが届きました!

coiny審査通過

これはSquareなみの速さです。しかし一部なのでこの時点で使えるクレジットカードはVISA、Mastercardのみです。JCBはやはり時間がかかりますね(苦笑)。

しかし、あなたがSquareなどの申請が通らなかったならば、Coineyに申し込む価値は十分あると思います。

Squareで失敗してしまった経験を活かしてCoineyに申し込んで、キャッシュレス決済を始めてみませんか。きっとあなたのビジネスを加速させてくれると思います。

しかも2019年3月31日まで「カードリーダー」19,800円がなんと無料のキャンペーンを行ってます。もちろんSquare同様、固定費も無料なのであなたの大切な資金を一銭たりとも投じることなくクレジットカード決済を導入できるのです。

この条件でも、あなたがCoineyに申し込まないならばあなたには今クレジットカード決済は必要ないということだと思います。

Squareの審査に落ちたらCoineyへ登録してみよう!

Coiney(コイニー)がタダノリキャンペーンを実施!完全無料でカードリーダーをゲットしよう! こんにちは。複数のクレジットカード決済サービスを使い分けることで、自社の利益アップについて研究している自称「カードペイマスター」...

 


ご相談はこちらから

「クレジットカード決済やQRコード決済を導入したいけど、どうすれば良いのかわからない・・・・・」

「インターネットの情報を漁っていたら、どれが本当なのかわからなくなってきた・・・・・」

そのような悩みがあれば、ぜひ私にご相談ください!ご希望があれば、こちらから無料で電話もさせていただきます。

 

  • お問い合わせ内容によっては、返信できない場合、返信が遅れる場合があります。
  • 当サイトは、リクルート、楽天、Yahoo!が提供しているカード決済、QR決済をご紹介しております。弊社は直接サービスを提供しておりませんのでご了承ください。
  • ご回答の内容は、正確性、安全性その他を保障するものではございません。




チェックをつけて送信