AirPAY

AirPAYがPayPayに対応したけど知らなきゃ損するPayPayの決済方法について解説

misstake

こんにちは。複数のキャッシュレス決済システムを使いこなすことで収益を増加させている従業員3人の個人企業主の中村です。

2019年5月30日よりAirPAY QRでPayPayが使えるようになりました。

おお!!あのPayPayが導入できるぞ!!

とすでにAirPAYに申し込んでいる方、またはこれからAirPAYに申し込む方、ご注意ください。

この情報を知らないと間違いなくあなたは損をします。

これからあなたが損をしない情報をあなたに伝えます。何も難しくはないのでご安心ください(笑)。

AirPAY QRアプリでPayPay決済の場合は手数料発生

airpay fee

注意しなければならないのは、AirPAY QRのアプリでPayPay決済すると手数料が3.24%かかってしまうことです。

はあ?手数料かかるの当たり前じゃね?

と律儀なあなたは思うかもしれませんが、あなたのお店を直接PayPayに加盟店申請をして審査が通過すれば手数料が無料になります(2021年9月30日まで)。

同じPayPayで10万円決済したとしても、AirPAY QRのアプリを使用してPayPay決済すると3、240円の手数料がかかってくるのです。

これってもったいなくないですか?

でもPayPayに加盟店申し込みするのってめんどくさくね?

いいえ、そんなことはありません。申し込みにあたり、あなたのお店の情報など最低限必要な情報やお店や身分証明証の画像を準備する必要がありますが、こうやってパソコンやスマホからこのブログをみているあなたならば十分できると思います。また審査期間はおよそ1週間程度です。

PayPayの申し込みはこちらから



また入金手数料も2020年6月30日まで無料です。振込時期は累計1万円を越えれば、超えた時点であなたの会社、もしくはあなた名義の銀行口座に振り込まれます。1万円以内でも月末には締められるので、月初には入金されます。

ちなみにAirPAYも入金サイクルは月3〜6回とまばらですが、入金手数料は無料です。でも決済手数料がかかるのでPayPayの決済をするならばPayPayに直接加盟店申請をした方が断然お得です!

PayPayの申し込みはこちらから



PayPayが使えるのは5月30日以降に新規で申し込んだ方が対象

もしあなたがすでにAirPAYを導入しているならば注意してください。AirPAY QRでPayPayで決済可能なのは、PayPayが導入される5月30日以降に新規でAirPAYに申し込み、審査が通過した方だけです。

つまり既存のAirPAYユーザーは6月30日現在、まだPayPayでの決済ができません。

エアペエイQR画面

これはiPhoneのAirPAY QRアプリの画面ですが、未だにPayPayのアイコンが出てきません。もちろんアプリも最新です。

これについてAirPAYのサポートに問い合わせたところ「順次AirPAY QRから連絡するのでお待ちください」との回答でした。

AirPAY QRでPayPayが導入されたのが5月30日で、未だに(6月30日現在)PayPay導入申し込みの連絡が既存ユーザーにないので、直接PayPayに申請した方が早いですね。

PayPayの申し込みはこちらから



AirPAY QRでPayPayを導入するメリット

手数料がかかるながらもAirPAY QRでPayPayが使えるようになったのは若干のメリットもあります。それはあなたのお店専用のQRコードを持ってくるのを忘れたときです。

どういことかを具体的に説明しますね。

PayPayの審査に通過するとあなたのお店に専用のQRコードが発行されます。AirPAYで必要なカードリーダーなど高額な機器などは全く必要ありません。紙媒体で十分なのです。

QRコード三角ポップ上の画像が私のお店専用のQRコードです。私のお店は実店舗もありますが、配達も行ってます。

もし配達先でQRコードを持っていくのを忘れた、雨が酷くて濡れてしまいQRコードが読み取れなくなったなどの時の最終手段として、AirPAY QRがあればPayPayで決済できるので、お客さまにご迷惑をかけずに済むということがメリットです。手数料という「勉強代」がついてしまいますが。。。

ともあれPayPayで決済したいというご希望のお客さまの要望を台無しにしてあなたのお店の口コミの☆印が減らされる要素がなくなります。

またAirPAYはリクルートが運営しているサービスなので、お客さまにとって「信頼」という、あなたがお金で買うことができない価値を持っています。

そしてクレジットカード決済だけでなくSUICAやPASMOなどの電子マネーにも対応しているので、私は

AirPAYは個人事業でも導入すべきキャッシュレスサービス

と思い、私のお店ではすでに導入してます。CMも放映されているので「AirPAY」を導入できるのはある意味あなたのお店の「ブランド=信頼」構築ではないかと思います。

私がAirPAYを申し込んだ時は2ヶ月くらい審査の期間がありましたが、現在は3日程度とかなり審査のスピードを早めてます。2019年10月から始まるキャッシュレス・消費者還元事業の影響もあるかと思います。

AirPAYは導入すべきキャッシュレス決済の一つであることは、すでに個人企業ながらも導入している私から言わせれば間違いないです。もちろん導入費用も無料、カードリーダーも無料です。

AirPAYに申し込む


PayPayのQRコードでなんとAlipayも手数料が無料!!

Alipay(アリペイ)というQR決済(バーコード決済)サービスをご存知でしょうか?Alipayとは中国で最も普及しているQR決済サービスなのです。

なんとPayPayであなたのお店専用に与えられたQRコードでAlipayが決済可能になり、しかも決済手数料が無料になったのです!!

日本に来る中国人は香港を含め2018年は1,000万人以上とのデータがありました(JTB総合研究所参照)

中国のキャッシュレス比率は6割を超えると言われてます。つまり日本に来る中国人(香港含む)600万人がAlipayで決済する可能性がある、言い換えれば

Alipayが使えるお店が選ばれる可能性が高い

ということです。もちろんAirPAY QRでもAlipayは使えますが、PayPayでもAlipayが使える、しかもQRコードが同じで簡単で高齢者にもわかりやすい、そして決済手数料が無料というならばPayPayを導入しない理由は見当たりません。

ぜひあなたのお店にもPayPayを直で導入することをおすすめします。

PayPayの申し込みはこちらから




ご相談はこちらから

「クレジットカード決済やQRコード決済を導入したいけど、どうすれば良いのかわからない・・・・・」

「インターネットの情報を漁っていたら、どれが本当なのかわからなくなってきた・・・・・」

そのような悩みがあれば、ぜひ私にご相談ください!ご希望があれば、こちらから無料で電話もさせていただきます。

 

  • お問い合わせ内容によっては、返信できない場合、返信が遅れる場合があります。
  • 当サイトは、リクルート、楽天、Yahoo!が提供しているカード決済、QR決済をご紹介しております。弊社は直接サービスを提供しておりませんのでご了承ください。
  • ご回答の内容は、正確性、安全性その他を保障するものではございません。




チェックをつけて送信